大航海時代オンラインのプログ。 その中で行動するカボットさんの航海日誌のよーなもの。
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
19:40:00
フゥーッ (*ΦωΦ)y―~~ ちゃーす。
カボットです。
今度はイタリアンなキャラに扮して9月1日午後9時に行われた。
ヴェネツィア皇帝選挙を見てまいりました。

20070902082624.jpg

選挙の行われたヴェネツィア教会内。

事前の情報を元に9時ごろインしてさっそく教会内に潜入!
教会内は大勢の人でいっぱい。

そして、この皇帝選挙の発案者でもあり本選挙司会でもあり立候補者でもあるロン・カミューさん(公式掲示板での名称ロンヤン)が教会内にお越しになった皆さんを歓迎してらっしゃいました。

そして頃合を見計らいロン・カミューさんは高らかに皇帝選挙開始を宣言!
以下、ロン・カミューさんの皇帝選挙開始宣言。


では、諸君 準備はいいか?声出していこうー!
今日は来てくれてありがとう! この歴史の創造に立ち会う気分はどうだ?
今ここには50人いる! そうだ!
この50人で歴史を動かすんだ!
我はここサンマルコ大聖堂においてヴェネ皇帝選挙の開始を高らかに宣言する!


そして、その後選挙スケジュール及び立候補者などどうするかを選挙会場内で投票。

そして、次にロン・カミュー氏から各国重鎮からの祝電披露が行われました。

以下、ロン・カミュー氏の祝電披露。


ロン・カミュー>今回の選挙にあたり 各国重鎮から祝電が舞い込んでいる
ロン・カミュー>ほんのわずかだが紹介したい
ロン・カミュー>「歴史を変えてほしい!」 某国大物富豪
ロン・カミュー>あ、名前だすのやめる 台詞だけ
ロン・カミュー>「ついにヴェネが1つになるのですね!」
ロン・カミュー>「いまこそ帝政をw」



ロン・カミュー>今全部おれが思いついたものだ



自作自演か・・・・(--;;;)

とまぁ、結構人すくねぇな・・・とかブツブツ言いながら祝電披露は終わり。

次に皇帝選挙立候補者が前に並ぶことになりました。

立候補したのは
まず。
ロン・カミュー
20070903175859.jpg

そして
I.NO.KI氏
I.NO.KI2.jpg

最後に
ボン・カミュー氏
20070903180111.jpg


3番目のボン・カミューさんに対しロン・カミューさんは誰だよおまえ・・・と呆れた感じでしたが(笑

とりあえずこの3名で皇帝選挙が行われることとなりました。

そしてまずは1人10分間の演説が行われることに。
まずは発案者であり立候補第1番のロン・カミューさんの
演説から始まりました。

以下、ロン・カミューさんの演説。



ロン・カミュー>うむ!
ロン・カミュー>よくぞ来てくれた ヴェネを想う同士よ
ロン・カミュー>拍手!


(ここで会場の皆さんから拍手が)


ロン・カミュー>我はこれより永久不滅の皇帝の座に着く
ロン・カミュー>全ての名誉と権限を掌握する!
ロン・カミュー>だがそれも全ては「1つのヴェネ」のためだ
ロン・カミュー>それに皆の信任が得られるなら 静かにヴェネを去ろう
ロン・カミュー>得られぬならだ 間違えた
ロン・カミュー>まあどっちでもいい
ロン・カミュー>諸君! 周りを見てみろ
ロン・カミュー>やればできる! さんざん逆風だとか言われたが
ロン・カミュー>やればこんだけ集まるじゃないか!
ロン・カミュー>皆はヴェネツィアを愛しているか?
ロン・カミュー>愛し方はそれぞれ違うが私もその一人だ
ロン・カミュー>その一人としてやっていきたい事を伝えたい
ロン・カミュー>まず「1つのヴェネ」を目指して 排除ではなく統合を目指したい
ロン・カミュー>集団で排除するようなことはしないと誓おうといっちゃうとそこまでは無理だけど まあそんなかんじ
ロン・カミュー>そして政策①東地中海制覇宣言!
ロン・カミュー>東はヴェネのものだ どうみても
ロン・カミュー>よって対外的に宣伝をするとともに 逆らうものは皆殺しにする
ロン・カミュー>国内的には投資ツアーを組んでもどうせ俺だと来ないから有力商人にやってほしい
ロン・カミュー>これが商業の考えだ
ロン・カミュー>政策② ヴェネ大学(上級海事学部)創設
ロン・カミュー>海事の聖地ヴェネツィアを目指す!
ロン・カミュー>ってきいてるか?


(ここで会場の皆さんからお返事が)


ロン・カミュー>うむ!
ロン・カミュー>公約3は忘れた
ロン・カミュー>だが・・・!
ロン・カミュー>今日はわれにとって忘れえぬ日
ロン・カミュー>皆のその心 勝ち負けなどどうでもいい 絶対に忘れないぞ
ロン・カミュー>よくぞ集まってくれた!
ロン・カミュー>諸君らこそ真のヴェネツィア人だ
ロン・カミュー>以上


これでロン・カミュー氏の演説が終わり、次はI.NO.KI氏の演説が始まりました。
以下I.NO.KI氏演説文。


I.NO.KI>じゃ、次は私かな
I.NO.KI>まぁ、特に言うこととか考えてないが
I.NO.KI>皇帝選挙と言えば
I.NO.KI>ナポレオンくらいか?
I.NO.KI>歴史は詳しくないから知らんが
I.NO.KI>まぁ、ナポレオンに負けないように頑張るよ(`・ω・´)
I.NO.KI>それとだ
I.NO.KI>9月8日にだな
I.NO.KI>IGFの第2回が名古屋で開かれる

(IGFとは元プロレスラー、アントニオ猪木氏の行っているプロレスイベントのことです。)


I.NO.KI>愛知に住んでる人は見に行ってくれ
I.NO.KI>とゆー訳で
I.NO.KI>私は皇帝よりもだな
I.NO.KI>元首になるぞ!!
I.NO.KI>市民会議だかなんだか知らんが
I.NO.KI>あんな議長はどうよ?
I.NO.KI>つー訳で
I.NO.KI>次の市民会議でクーデターする
I.NO.KI>以上だ


これで、I.NO.KI氏の演説は終わり、最後にボン・カミュー氏の演説が
ロン・カミューさんのぼやきも無視して始まりました(微笑)

以下、ボン・カミュー氏演説分。

ポン・カミュー>よくぞ来てくれた ヴェネを想う同士よ(と工作員の皆様
ポン・カミュー>我はこれより永久不滅の皇帝の座に着く(成立しないから着きませんが
ポン・カミュー>全ての名誉と権限を掌握する!(できませんが、つーかしてどーする?
ポン・カミュー>だがそれも全ては「1つのヴェネ」のためだ(どこが?おしえて?どこが?
ポン・カミュー>それに皆の信任が得られるなら 静かにヴェネを去ろう(むしろそれがヴェネのためです
ポン・カミュー>諸君! 周りを見てみろ
ポン・カミュー>やればできる! さんざん逆風だとか言われたが
ポン・カミュー>やればこんだけ集まるじゃないか!(半分以上工作員ですはい
ポン・カミュー>皆はヴェネツィアを愛しているか?(愛してますが皇帝要りません
ポン・カミュー>愛し方はそれぞれ違うが私もその一人だ
ポン・カミュー>その一人としてやっていきたい事を伝えたい(皇帝撤廃です
ポン・カミュー>まず「1つのヴェネ」を目指して 排除ではなく統合を目指したい(ロンの事?
ポン・カミュー>集団で排除するようなことはしないと誓おうといっちゃうとそこまでは無理だけど まあそんなかんじ(ロンの事?
ポン・カミュー>東はヴェネのものだ どうみても
ポン・カミュー>よって対外的に宣伝をするとともに 逆らうものは皆殺しにする(どーやって?
ポン・カミュー>国内的には投資ツアーを組んでもどうせ俺だと来ないから有力商人にやってほしい(自分で投資して手に入れれば良いじゃん?
ポン・カミュー>政策② ヴェネ大学(上級海事学部)創設(がんばってもずくってください
ポン・カミュー>海事の聖地ヴェネツィアを目指す!(がんばって目指すべきですね(脱色してみんなをひっぱるなりして
ポン・カミュー>さて
ポン・カミュー>私が皇帝にえらばれたならば

ここで、しびれを切らしたのかロン・カミューさんがボンさんの演説に対し、

ロン・カミュー>ありがとう! ポン氏 すばらしい
ロン・カミュー>もういいよ
ロン・カミュー>皆! ポン氏に拍手!!!

と強制的に終了させようとするもボン氏は引き続き演説。

ポン・カミュー>正直こう言うお祭りは大歓迎だが
ポン・カミュー>皇帝制度は全撤廃します
ポン・カミュー>以上皆様よろしくお願いしますm(__)m


と、これで最後のボンさんの演説も終了。
次は15分間の候補者との質問会に入りました。
以下質問抜粋。

エロゲ頑張れ>皆殺しってどうやってすんの?
ロン・カミュー>おしえない 次
ひこにゃんμ>昔議長と一緒にPKしていたそうですが事実ですか?
ロン・カミュー>うそ 次
I.NO.KI>してない
バカンス>イノキさんは、ヴェネツィアの同盟港について 今後の展望計画などありますか?
I.NO.KI>同盟港は
I.NO.KI>みんなの資金しだいだ
I.NO.KI>バルカン3港は使えるから死守したいと思う
バカンス>バルカン3港というと、カンディア、アテネ、サロニカの3つ?
I.NO.KI>その3つだ
ひこにゃんμ>議長と同じ商会ですがその辺についてお聞かせください
I.NO.KI>小物の事などどうでもいい>ひこ
Ariete>海事学校、東地中海への投資攻勢等を掲げていましたが、実際に呼びかけを行うのですか?
ロン・カミュー>いいこといった
ロン・カミュー>もちろんだ! 公式に皇帝立法として布告する
ひこにゃんμ>どうしてお二人とも赤いのですか?
ロン・カミュー>俺はヴェネを襲わない だがいい質問だ
ロン・カミュー>諸君 自分の中で優先順位をつけているか?
ロン・カミュー>自分に問うんだ
ロン・カミュー>何が一番大事か?
ロン・カミュー>ここでぱっと言えう者はいるか?
ロン・カミュー>俺は商会の仲間→国の仲間の順だ
ロン・カミュー>商会の仲間がヴェネと戦っているならおれも当然助けに行く
ロン・カミュー>結果赤になっても航海はせん!
ロン・カミュー>当然だ 商会の仲間こそ優先すべきではないのか?
プルデン>議会と皇帝の意見が相違した場合は、どうするんですか?
ロン・カミュー>議会と皇帝の意見か?
ロン・カミュー>わからんのか?
I.NO.KI>時と場合によるだろ
ロン・カミュー>皇帝に来まっとんじゃろおおおおおお!! だから今ここがある
バカンス>ノ 質問2つ目 ロンさんは、現議長(zune)と共に歩く、イノキさんは現議長に対してクーデターを起こす  このような認識でよろしいですか?
I.NO.KI>よろしい>バカンス
ロン・カミュー>皇帝として議会の意向はそれなりに尊重しよう
ポン・カミュー>ナンカ ワタシニシツモンキマセンネw
あまなっとう>ポンさん、彼氏はいますか?
ポン・カミュー>禁則事項desu^^
九七式艦上攻撃機>イノキさんサンアントニオはヴェネ領土にしないんですか?
I.NO.KI>無理>九七
パネ>ノ議会があるのに皇帝を置くというのは、二つのヴェネになってしまうのでは?
GIHREN-ZABI>総帥がいるから3つのヴェネだな
アルフォンソ・デステ>ノ まとめると言いますが、「どのように」まとめるかの具体的案はありますか
I.NO.KI>ついてきてくれた人だけまとめれば良いさ
ロン・カミュー>もちろん総帥も尊重するのは言うまでも無い
ロロロア>外交政策はどうするつもりですか?
I.NO.KI>外交とか・・・本気で信じてるのか?
ロン・カミュー>1つのヴェネはすべては議会によってはじまる
ロン・カミュー>それは皆が集まる場であるからだ
ロン・カミュー>それを開く機会を増やして行きたい
ロン・カミュー>そして今日は投資船団を組みたい
ロン・カミュー>よし投票しよう


こうして質問会も終わり。次は投票に入りました。
投票はもちろん、第一立候補者のロン・カミュー氏から。

ロン・カミュー>では! 私 ロン・カミューに投票する人 ノ (2分)
投票結果は何故か同じ立候補者のI.NO.KIさん(笑)含めて16票。

そして次にI.NO.KI氏への投票が行われました。
ロン・カミュー> 次 I.NO.KIさんに投票する人 ノ (2分)

結果投票数は10票。

そして最後にボン・カミュー氏の投票が始まりました。

ロン・カミュー>次 ポン・カミュー (3秒


ひこにゃんμ>ノ
ロン・カミュー>3
ナザリオ>ノ
ラミィ>ノ
もふっと>ノ
ヴィニェ>ノ
ロン・カミュー>2
チッチョリーナ>ノ
Ariete>ノ
エロゲ頑張れ>ノ
プルデン>ノ
ロン・カミュー>1
電衛門>ノ
序盤に+>ノ
バルシネ>!ノ
ロン・カミュー>閉め
序盤に+>ノ
H.スキピオ>ノ
序盤に+>ノ
ティタン>ノ
ちらら>ノ
ダニ>ノ
ナザリオ>ノ
ロン・カミュー>無効無効!!!
ポン・カミューはロン・カミューを指差した
パネ>ノ
GIHREN-ZABI>おもしろい・・・3秒がいいな・・ふははははは
ひこにゃんμ>卑怯者!!!
ブラントン>ノ
ロン・カミュー>はいおしまいだぞ
ロロロア>インチキ選挙だ!
九七式艦上攻撃機>ギレン総帥に一票いれます
選挙管理委員A>むしろ選挙が無効
板88.>ノ
赤ひげ薬局>なんでポンって人だけ3秒なの?
プルデン>いんちきだ!
あまなっとう>エロい
Ariete>おかしいよー
エロゲ頑張れ>ロン帰れ!帰れ!帰れ!
ポン・カミュー>私の勝利のようですね^^
ちらら>差別め
ナザリオ>ノ
I.NO.KI>幼女ゲット
九七式艦上攻撃機>ギレン総帥に一票いれます
Ariete>ノ
ポン・カミュー>エー
赤ひげ薬局>全員2分じゃないの??
ちらら>ノ
ひこにゃんμ>ノ


と、最後の立候補者を無視するがの如くロン・カミュー氏はボン氏の投票を打ち切り、会場の皆さんのブーイングをも無視して。
以下のように発言。


ロン・カミュー>えーそれでは票数的には私がダントツで一番でしたが
ロン・カミュー>一部混乱もございましたので
ロン・カミュー>選出方式を変えます

しかし、会場の皆さんはロン氏の発言に対抗するかのように
投票数では多かったボン氏への皇帝当選祝いを次々と発言w

罵声と怒号と踊りとか色々飛び交う中。お2人は皇帝就任を宣言。



ロン・カミュー>朕はここにヴェネツィア皇帝を宣言する!
ポン・カミュー>ここに皇帝就任を宣言します^^



ロン・カミュー>参加できるヴェネの方
ロン・カミュー>工作員を伴わず 官邸にお越しください
ロン・カミュー>そこで併せまして皇帝就任記念演説をおこないます!
ポン・カミュー>でわ、皇帝としての最初の職務としてロン・カミューの追放および皇帝制度の全撤廃を宣言します^^
ロン・カミュー>散会!
ロン・カミュー>散会ったら散会じゃ!

と、これで選挙は一応終わりました(*´Д`)

そして、10分後、皇帝就任記念演説が隣の宮殿で行われることに、

20070905184909.jpg


そしてここでも引き続き、ロン・カミュー氏への罵声と嘲笑の波が延々と(笑。

以下ロン・カミュー氏の就任演説文。


ロン・カミュー>これより就任演説を始める!
ロン・カミュー>余はヴェネツィア皇帝として
ロン・カミュー>うるせー
ロン・カミュー>余はヴェネ皇帝として3つの権威を尊重しよう
ロン・カミュー>1つはヴェネ市民としての誇りである
ロン・カミュー>2つ目はヴェネ議会の伝統である よって今後は余もたまには出席しよう
ロン・カミュー>3つ目は現官僚体制である モチェニーゴほか留任である
ロン・カミュー>これらの権威に支えられ朕はヴェネを最強の国家にするため全てに超越した権限を神の代理人とて執行する!
ロン・カミュー>拍手!

ここで一部から拍手が(;´Д`A ```


ロン・カミュー>よしそれでは臨時皇帝議会を始めよう
ロン・カミュー>今日はまだ喧騒さめやらないから俺が議長もする
ロン・カミュー>(だから今日決めると混乱するから)
ロン・カミュー>諸君!
ロン・カミュー>神のものは神に 皇帝のものは皇帝にだ
ロン・カミュー>では投資で案を出したい
ロン・カミュー>①アテネ奪還
ロン・カミュー>②カラカス発展
ロン・カミュー>③サンジョに金買い付け
ロン・カミュー>どれがいい?
ロン・カミュー>たまにはサンジョいこうか?
ロン・カミュー>サンジョに交易ツアー行く人
ロン・カミュー>じゃあとなりのトリエステに投資する?
ロン・カミュー>金は今89↓だと想う

と、ロン氏は一応会議?ぽいこと言ってましたが、
会場はも~すっかりグダグダな雰囲気に包まれ、
最後はロン・カミュー氏もヴィルトゥ海賊団団長のジル・ウィンザムほかと雑談開始(笑。

そして、最後にジル・ウィンザム氏が会場にいた皆さんに
向けてこう発言されて終わりました。



ジル=ウィンザム>ロン皇帝が
ジル=ウィンザム>ふさわしく皇帝として成立するなら
ジル=ウィンザム>ヴィルトゥ海賊団はヴェネツィアとなんらかの親交を持とうと思ってここにきたけど
ジル=ウィンザム>こんな状況じゃ、話にならないわね
ジル=ウィンザム>ま、せいぜい斜陽の国の最後を楽しみなさいな
ジル=ウィンザム>この国に絶望したなら
ジル=ウィンザム>海賊にでもなんでもなればいいのよ
ジル=ウィンザム>ヴィルトゥ海賊団は、どの国にも組しない
ジル=ウィンザム>与しない
ジル=ウィンザム>自由とロマンを求めて
ジル=ウィンザム>海賊としての生を全うする
ジル=ウィンザム>あんた達みたいな、屑共は歓迎しないけどね!
ジル=ウィンザム>じゃあね


アレだけの怒号罵声嘲笑の嵐の中、粛々と自分のペースで押し切り通したロン氏には感心しました(笑)

以上、ヴェネツィア皇帝選挙レポートでした^^。

ではまたね~( ̄ー ̄)/~~
スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

││2007/09/06(Thu)14:37:08│ 編集
そりはごめん><
この選挙も何もかもみんなギャグに思えてw
編集時、あまりにも多いログの中、いったいどれを抜き出せば良いやらわかんなかったw


カボット│URL│2007/09/07(Fri)05:39:26│ 編集
はじめまして
いやぁー…散々笑わせてもらいました。
ヴェネはロンさえいなければいい国なんですけどねー。
あの(自主規制)がいる限り、ヴェネの未来は惨憺たるものかと思ってしまいます。
童貞…じゃないw 偽帝のおなぬーに付き合わされる人たちは、ほんと気の毒です

もりそば│URL│2008/03/16(Sun)18:15:43│ 編集
もりそばさんへ。
超亀レスですが(==:)
そうですな^^

カボット│URL│2008/08/28(Thu)04:38:48│ 編集
自称「皇帝」ごっこ
ヴェネの人間同士で「皇帝」を楽しむのは勝手だが、それをヴェネ以外の人間に押し付ける事は止めてくれないか?人の国の首都で皇帝を自称し、プレイとは全く関係のない無意味なシャウトなどで、どれだけ「皇帝」ごっこと無関係なプレイヤーが迷惑を蒙っていいるのか、ヴェネのプレイヤーは考えてくれ!

ヴェネ専門PK│URL│2009/05/23(Sat)12:16:59│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://johncabot.blog85.fc2.com/tb.php/114-650d63d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

カボット 元さいたま紅さそり隊(倒産)隊長

Author:カボット 元さいたま紅さそり隊(倒産)隊長
現在リアルでもゲームの世界でもソロプレイライフを満喫中のカボット(たいちょう)の航海日誌へ
よーこそ(^▽^)


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

(= ̄  ̄=)よろしければ 一押しよろり。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
隊長がF5を押した回数
どーでもいい告知

(1) 「『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。」 または、「 (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.」 (2) このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。